血圧コラム

血圧を下げるのに漢方は効果あるの?市販で買えるおすすめの漢方薬は?

高血圧を放置していると血管や心臓に負担がかかり、心筋梗塞や脳卒中など命にかかわる恐ろしい病気を招きます。

そうといっても降圧剤を飲むのには抵抗があるし、まだそれほど悪化しているわけじゃないし…

というとき頭に浮かぶのが「漢方薬」ではないでしょうか。

副作用のある降圧剤ではなく、天然の生薬で体に負担をかけずに高血圧を改善できるのなら、ぜひ利用したいもの。

高血圧を今すぐ改善できる漢方薬はあるの?市販で買えるおすすめは?など、高血圧と漢方薬について見てみましょう。

漢方薬で高血圧は改善できるの?

改善はできるが 即効性はない

降圧剤などの西洋薬は、一つの成分で一つの症状をピンポイントで治療していきます。

対して漢方薬にはいくつもの天然の生薬が配合されており、一つの症状だけでなく体全体を少しずつ整えていくことを目的としています。

このように、漢方薬には体全体を良いバランスに整えながら穏やかに作用する性質があるため、降圧剤のような「すぐに数値が下がる」即効性は期待できません。

血圧そのものを低下させるのではなく、高血圧の原因にもなっている体のバランスの崩れを少しずつ整え調和させていきます。

そのため目に見えて数値が下がっていくわけではありませんが、そのぶん降圧剤と違って血圧が下がりすぎるリスクはありません。

また、局所的な改善ではなく体全体の不具合が少しずつ改善できるので、高血圧だけでなく頭痛や肩こり、めまいや不眠といった、降圧剤では改善できないような全体的な不調も改善されていきます。

さらに、漢方には病気の予備軍である「未病」を治すという考え方があります。

今は高血圧でなくても、将来高血圧になりそうな背景をさぐり、本格的な病気になる前に体のバランスを整えるといった治療も漢方では得意とされています。

重度の高血圧の場合は漢方薬ではなく降圧剤を飲むべきですが、軽症であれば漢方薬での改善が見込める可能性は十分にあるといえます。

とはいえ、軽症であっても漢方薬だけに頼らず、現在の高血圧に至った食生活や運動・睡眠不足など、生活スタイル全体を見直していく必要があるでしょう。

高血圧の漢方的な考え方

高血圧の漢方的な考え方

高血圧の漢方治療では、血圧を下げることを直接の目的とはしていません。

現在では、漢方では血圧の上昇はストレスによるものと加齢によるものとに分けられ、それぞれの体質に応じた漢方薬が処方されています。

しかし、漢方ではもともと「血圧」という概念はありませんでした。

高血圧であれ低血圧であれ、血圧が高すぎたり低すぎたりするといった異常なアンバランスを改善し、ベストなバランスである「中庸」に戻そうというのが漢方的な考え方であるといえます。

血圧をダイレクトに下げるのではなく、からだ全体のバランスを整えることで、高血圧や高血圧にともなう不調を改善していくことを目指します。

人体は「気・水・血」から成り立つ

漢方では、人体は「気・血・水」から成り立っているとされています。

「気」は目には見えないものの、体内を流れ体全体を支えているエネルギー、「血」は血液など全身に栄養を運び精神を支える赤いもの、「水」はリンパ液や汗などの水分で、体内組織を潤すものを指します。

これらのバランスが崩れると、さまざまな病気にかかりやすくなるとされています。

「気」は「血」を動かす作用があるため、「気」が高まりすぎると、血圧が上昇して目が充血したり、頭痛、顔のほてりなどが生じると考えられています。

体質は6つの「証」に分類される

漢方では、個人の体質を「証」という独自の診察方法で判断します。

証にはまず表と裏があり、表と裏はさらに熱と寒に分けられ、それぞれがさらに実と虚に分けられます。

つまり8つの「証」があることになりますが、臨床実態をふまえ、現実的には6つの病位から診断されます。

漢方医学的にみた体質は、「気虚」「血虚」「陰虚」「気滞」「瘀血」「水滞」の6タイプに分けられ、それぞれ「気・血・水」のどのバランスが崩れているのかを診て判断していきます。

自分の体質「証」に合った漢方薬を選ぶこと

今のような検査機器がなかったころ、漢方医たちは自分の五感をもとに患者を診察していました。

【漢方医学の診察方法】

望診 患者の顔色や舌の状態などを目で見て診察します
聞診 声のトーンや大きさ、体や息のにおいをもとに診察します
問診 病歴などのほか、冷え性や暑がりなどの体質、食生活やストレスなど患者を取り巻く環境についても聞き出します
切診 手や脈、お腹に触れるなど、触覚をもとに診察します

現在ではもちろん血圧測定や血液検査、画像診断などを行いますが、これら古来からの診断方法は今も重視されています。

漢方医学では年齢や性別のほか、身長と体重、手や舌の状態、生活スタイル、ストレスの状態など、患者のおかれた全体的な環境をふまえて患者の体質を判断し、必要な漢方薬が処方されます。

簡単に「証」を自己診断できる書籍やインターネットサイトなどもありますが、自分で勝手に判断するのは危険です。

漢方薬は西洋医学よりゆるやかであるとはいえ副作用もあり、体質に合わない漢方薬を服用し続ければ症状が悪化する可能性もあります。

また、いま服用中の西洋薬やほかの漢方薬、サプリメントなどがある場合、飲み合わせるべきではない漢方薬もあります。

高血圧治療のために漢方薬を服用する前に、漢方専門医に診てもらうようにしましょう。

無理なく漢方の力を取り入れたい場合は、効き目のよりゆるやかな漢方茶などもおすすめです。

高血圧におすすめ。ドラッグストアでも買える市販の漢方薬

高血圧におすすめ。ドラッグストアでも買える市販の漢方薬

自己診断で漢方薬を飲むのは危険なので、高血圧治療のために漢方薬を飲みたい場合には、ドラッグストアに行く前に漢方専門医に診てもらいましょう。

ドラッグストアでもツムラやクラシエなどの漢方薬が簡単に手に入りますが、自分の体質や合う漢方薬がわからないうちは安易に服用すべきではありません。

高血圧の漢方治療にももちろん保険が適用されるため、多くの人は3割負担で購入できます。

つまり、ドラッグストアで買うより安い値段で買えるうえ、自分の体質をプロである医師に的確に診断してもらえるのです。

ドラッグストアを利用するにしても、自分に合った漢方薬がわかってから同じものを求めたほうが効果が高く安心できます。

以下の表で、高血圧に効果が見込める漢方薬を紹介しています。参考になさってください。

漢方薬名 適用・効果 使用生薬
体力充実▼
防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん) 体力充実して、腹部に皮下脂肪が多く、便秘がちなものの次の諸症:高血圧や肥満に伴う動悸・肩こり・のぼせ・むくみ・便秘、蓄膿症(副鼻腔炎)、湿疹・皮膚炎、ふきでもの(にきび)、肥満症 当帰、芍薬、川芎、山梔子、連翹、薄荷、生姜、荊芥、防風、麻黄、大黄、芒硝、白朮、桔梗、黄芩、甘草、石膏、滑石(白朮のない場合も可)
大柴胡湯(だいさいことう) 体力が充実して、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しく、便秘の傾向があるものの次の諸症:胃炎、常習便秘、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛・便秘、神経症、肥満症 柴胡、半夏、生姜、黄芩、芍薬、大棗、枳実、大黄
体力中等度以上▼
三黄散(さんおうさん) 体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの次の諸症:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症 大黄、黄芩、黄連
三黄瀉心湯(さんおうしゃしんとう) 体力中等度以上で、のぼせ気味で顔面紅潮し、精神不安、みぞおちのつかえ、便秘傾向などのあるものの次の諸症:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重、不眠、不安)、鼻血、痔出血、便秘、更年期障害、血の道症 大黄、黄芩、黄連
柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう) 体力中等度以上で、精神不安があって、動悸、不眠、便秘などを伴う次の諸症:高血圧の随伴症状(動悸、不安、不眠)、神経症、更年期神経症、小児夜泣き、便秘 柴胡、半夏、茯苓、桂皮、大棗、人参、龍骨、牡蛎、生姜、大黄、黄芩、甘草 (大黄、黄芩、甘草のない場合も可)
桃核承気湯(とうかくじょうきとう) 体力中等度以上で、のぼせて便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経困難症、月経痛、月経時や産後の精神不安、腰痛、便秘、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり)、痔疾、打撲症 桃仁、桂皮、大黄、芒硝、甘草
通導散(つうどうさん) 体力中等度以上で、下腹部に圧痛があって便秘しがちなものの次の諸症:月経不順、月経痛、更年期障害、腰痛、便秘、打ち身(打撲)、高血圧の随伴症状(頭痛、めまい、肩こり) 当帰、大黄、芒硝、枳実(枳殻(きこく)でも可)、厚朴、陳皮、木通、紅花、蘇木、甘草
続命湯(ぞくめいとう) 体力中等度以上のものの次の諸症:しびれ、筋力低下、高血圧に伴う症状(めまい、耳鳴り、肩こり、 頭痛、頭重、頭部圧迫感)、気管支炎、気管支ぜんそく、神経痛、関節のはれや痛み、頭痛、むくみ 麻黄、桂皮、当帰、人参、石膏、乾姜、甘草、川芎、杏仁
大柴胡湯去大黄(だいさいことうきょだいおう) 体力中等度以上で、脇腹からみぞおちあたりにかけて苦しいものの次の諸症:胃炎、高血圧や肥満に伴う肩こり・頭痛、神経症 柴胡、半夏、生姜、黄芩、芍薬、大棗、枳実
体力中等度▼
釣藤散(ちょうとうさん) 体力中等度で、慢性に経過する頭痛、めまい、肩こりなどがあるものの次の諸症:慢性頭痛、神経症、高血圧の傾向のあるもの 釣藤鈎、橘皮、陳皮、半夏、麦門冬、茯苓、人参、防風、菊花、甘草、生姜、石膏
体力中等度以下▼
牛車腎気丸(ごしゃじんきがん 体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく尿量減少し、むくみがあり、ときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り) 地黄、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮、桂皮、加工ブシ、牛膝、車前子
八味地黄丸(はちみじおうがん) 体力中等度以下で、疲れやすくて、四肢が冷えやすく、尿量減少又は多尿でときに口渇があるものの次の諸症:下肢痛、腰痛、しびれ、高齢者のかすみ目、かゆみ、排尿困難、残尿感、夜間尿、頻尿、むくみ、高血圧に伴う随伴症状の改善(肩こり、頭重、耳鳴り)、軽い尿漏れ 地黄、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮、桂皮、加工ブシ
七物降下湯(しちもつこうかとう) 体力中等度以下で、顔色が悪くて疲れやすく、胃腸障害のないものの次の諸症

高血圧に伴う随伴症状(のぼせ、肩こり、耳なり、頭重)

当帰、芍薬、川芎、地黄、釣藤鈎、黄耆、黄柏
体力虚弱▼
当帰芍薬散加黄耆釣藤(とうきしゃくやくさんかおうぎちょうとう) 体力虚弱で血圧が高く、冷え症で貧血の傾向があり、疲労しやすく、ときに下腹部痛、頭重、めまい、肩こり、耳鳴り、動悸などを訴えるものの次の諸症:高血圧の随伴症状(のぼせ、肩こり、耳鳴り、頭重) 当帰、沢瀉、川芎、芍薬、茯苓、白朮(蒼朮、黄耆、釣藤鈎)

漢方の副作用で血圧が上昇する場合も

漢方薬に配合される生薬のひとつに「甘草」があります。

甘草とは、ショ糖の50倍もの甘さをもつマメ科の植物です。根や匍匐枝を乾燥させたもので、約7割の漢方薬に配合されています。

甘草には抗炎症作用のほか、体内の水を保つはたらきがありますが、長期の服用などによってこの保水作用が長引き、体内に水が留まりすぎた場合、むくみや血圧上昇、低カリウム血症、尿量減少などの「偽性アルドステロン症」を発症してしまう危険性があります。

高血圧の人や高齢の女性はこの偽性アルドステロン症になりやすい傾向があるため、高血圧の治療が目的で甘草を含む漢方を服用している場合は、定期的に医師の診察と血液検査を受けるようにしましょう。

更年期の高血圧を漢方でケア

更年期の高血圧を漢方でケア

女性の健康と更年期は深く関わっていますが、更年期を迎えると高血圧になる女性が急増します。

更年期を前にした50歳前頃から、女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が急激に減少して自律神経の働きが不安定になりますが、その結果として高血圧を発症すると考えられています。

それまで低血圧や至適血圧だった人でも更年期を境に血圧が高くなるため注意が必要で、実際に50歳以上の女性の半数が高血圧といわれます。

上記の表で紹介している柴胡加竜骨牡蛎湯(さいこかりゅうこつぼれいとう)などは、高血圧だけでなく不安感や不眠、神経症など更年期に生じやすいさまざまな症状に幅広く対応している漢方薬です。

主治医とも話し合いながら、更年期にともなう高血圧にもぜひ漢方薬を取り入れてみましょう。

1

Contents1 血圧が高めの方にオススメのサプリの選び方と人気ランキング19選1.1 血圧が高めの方にオススメのサプリを選ぶ3つのポイントとは?1.1.1 1.血圧低下を期待できる成分が含まれてい ...

-血圧コラム

Copyright© 血圧ネット , 2019 All Rights Reserved.